So-net無料ブログ作成

Fate/Grand Orderの致命的な見落としってなんだろう? [Fate/Grand Order]

今回は珍しくがっこうぐらしの考察じゃないよ。
でも、妄想なのは変わりないよ。

がっこうぐらしも連載が再開され、単行本の発売が待ち遠しいですが
何か考察することないかなー
と思ってまして、
たまにはがっこうぐらし以外のもので、
と考えた結果

エヴァ破とエヴァQのミサトさんのあの態度の差は何?

というのを思いつきまして、
他の人の考察やらみると
あれ?、そうじゃないだろ。
というのが、あり
自分が思っていた考察が全然なかったので
これはネタになる
と思い


FGOの致命的な見落としについて
考察することにしました。

エヴァ関係ねぇ!?(ガビーンΣ(゜o゜))

まあ、
もうすぐ
4月4日に第2部の配信が始まるので、

そういえばこんなのもあったな~
ということで、

致命的な見落とし

を考察しようかと。

あちこちで語られているんですが、どれも正しく思えて面白いです
はたして正解は?
で、私もその一つを提唱しようかと。


まず
1.5部でその辺りが語られるかと思っていたら全然語られなかったですね。
で、結局
致命的な見落としってなんだったんだよ!
と思ったら、
そもそも1.5部の物語と致命的な見落とし
って、関係なかったんですね。
無関係とまではいかないまでも、1.5部は、
その致命的な見落としによって引き起こされる事件の前哨戦だったんですね。

公式に書いてありますね、

その大変な事件の前の謎解き

って
よく読まないとダメですね。

で、
FGOの致命的な見落としはなんだったのか?

ここで思ったのは『致命的』と『見落とし』

致命的ということは
取り返しのつかないこと。

見落としということは
既に起きていること

つまり
1部の段階で起きている、ということです。

そんな大変な事起きてたっけ?
というのが正直なことですが、考えてみましょう。


前々から一番気になっていたこと。

レフのセリフ
IMG_0803.jpg
アニムスフィアの愚行
今回のミッション結果

これってなんなんでしょうね。

最初の冬木市を探索し、聖杯戦争?を行った結果、カルデアスの表面が真っ赤に、
つまり人類が焼却され、歴史は2016年から先が無くなった、と言っているように聞こえるんですが。

この聖杯探索グランドオーダーは

歴史の未来がない
なんか過去の所々に変なの(特異点)がある
そのせいで歴史が大きく変わった。
よし、直しにいこう。

という流れで

Q なんでこうなった?
A グランドキャスターが時間を超えて?超えようとして?やったみたいだ。

Q 何でやったの?
A なんか今の世の中、死にまくったりするから、地球創世時まで戻って改造しちゃえ。

ってことですよね。
……あってる?

で、ここも気になってた。
46億年過去に戻るのには人類発祥から2016年までの歴史を焼却したエネルギーで行ったってことらしいけど、

そもそも
2016年まで歴史の7か所に魔神柱をしかけるために過去にどうやって戻ったの?

それが出来なきゃ、この事件発生しないですよね?

で、
これどうやったか、ってことになるんですが、

これ、
レイシフトだよね。

歴史の監視、未来の保証というのがカルデア、アニムスフィアの役目だったけど、
それが行き過ぎて
未来を保証するために過去へ干渉できるようにした。
結果、グランドキャスターの人類焼却ができる手段を作ってしまった。
これがアニムスフィアの愚行。

……なんか違うな。
この手段の作成はレフのせいだな。
レフに依存していた所長が、レフが言うままにレイシフトシステムを開発し、
グランドキャスターの人類焼却ができる手段を作らせた。

ああ、だから愚行呼ばわりしたのかもしれないな。

そもそもグランドキャスターが人類に絶望した理由も、
カルデアの未来予測の結果、人類はこの先、生き残るけど、ロクなことしないよ。
っていう観測結果がでたからかもしれない。

まさにアニムスフィアの愚行……?

いやいや、違う。
結果、過去への干渉によって人類焼却が起こったのは確かだが、
それは主人公のおかげで修復されている。

取り返しができている。
これは『致命的』ではない。

そうなると1部の事件とは全く無関係な可能性もある。

なんだ?
なにを『見落とし』ている。

……(イベントを見直している)……

ん?
え?
あれ?
ひょっとして?
2部って英雄になれなかった7人の魔術師?

ネタを思いついた。

レイシフトルームが爆破された時、
レイシフトの準備に入っていた魔術師達は重症を負い昏睡状態だった。
そう、
『死んでない』

なぜ?
なぜ死なせなかった?
なぜ殺さなかった?


所長は意識だけが冬木市へ飛んでいた。
IMG_0801.jpg
爆発で肉体が滅んだのにレイシフトできていた。
適性がなかったのに、死んだことによってレイシフトできた。


じゃあ、昏睡していた他の魔術師たちの意識はどうなっていた?


よくよく考えたら
あの爆破された状況で、所長の意識だけを飛ばすことができて、
主人公なんて爆破され、めちゃくちゃな部屋からレイシフトできているんだぞ。
ちゃんとレイシフトの準備していた魔術師達がそのまま何もできなかった訳がないんじゃないか?

主人公が人理修復している間、魔術師達も暗躍していたんじゃないか?

だから2部の相手は本来の人理修復を行うはずだった魔術師たちじゃないのか?

でも、どこにも登場しなかったよな……
それっぽいことってあったっけ?
ないよな~

んん
ああ、そうか
ホームズさんのセリフの
『遥かな神代、過去との対決は終わった
であれば、次に現れるものは予想が付くだろう?』

過去の次は現在そして未来

未来だ……
未来へレイシフトしてたんだ……


つまり
『致命的な見落とし』
とは
他の魔術師達も実はレイシフトしていた。
それも未来へ!!


これだ!!


ほんとかよ……
どんな未来だってんだよ……


正直、ホームズさん初登場のアトラス院で
2004年の聖杯戦争の結末がキャスターの勝利って聞いた時、
ああ、レイシフトで歴史を改ざんしたんだなと思ってたんですけどね。
これが愚行だと思ってたんですけど。
冬木のセイバーも
IMG_0796.jpg
とかなんかそれっぽいこと言ってますし。

このifの世界が生まれたこと自体が、『致命的な見落とし』
だと思っていたんですが。

あ、でも、未来だと
新サーヴァントの一人のクラスがアルターエゴだという説明もできるかも。
アルターエゴって遥か未来の聖杯戦争CCCで初登場したクラスだしね。


はたして、いったい致命的な見落としとは?

4月4日第2部配信が楽しみです。


ということで今日はここまで。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム