So-net無料ブログ作成

がっこうぐらしの8巻 考察っぽい何か。 [がっこうぐらし!]

でました
がっこうぐらし!第8巻

電子書籍はいいですね。
日付が変わったら、すぐに購入可能ですもんね~
モノによっては週間~数か月遅れってのもありますが、8巻はすぐでしたね。
7巻は間があって、紙媒体を買っちゃうかどうか悩んだんですが、
でも、今回はそんなこともなく購入できてホッとしました。
内容に関してはホッとどころの話じゃないんですが。
ということで、
以下
ネタバレっぽくなるので注意。
がっこうぐらし!の他の考察はこちら





はい、予想通り、野郎二人があっさり消えました。
ちっこいメガネのは、
え?あれちっこいメガネだったの?
ってぐらいの展開の速さで退場。
最初、普通に校内に紛れ込んだモブゾンビだと思ってたよ。
それぐらいあっさりしてました。
普通だと、発覚、葛藤、決断、別離といった流れで、何話か消化されるのに、4ページでカタが付きました。語られたのは別離のみ。
まあ、これは週刊誌ではなく月刊誌という媒体も関係あるでしょうね。
コミックスで読んでいるとあまり気になりませんが、
月刊誌で、あまり細かくやるとものすごく長い時間がかかり、結果、読者の年齢が上がり、コミック誌を買わなくなってくる。
…まあ、個人的に、かつて某多重人格探偵で、挫折した経験があるので、そう思っただけで、実際そこまで考えているか、ただ単に、あんなメガネキャラにページを割きたくなかったのか。

そのことが原因で、武闘派が穏健派を疑い始める。
……外で噛まれた様子がないから穏健派が注射器でゾンビの血を注射した。
すごいです。
すごい推理です。
名探偵コナンもびっくりです。
武闘派の誰にもバレずに、ちっこいメガネに近づいて
本人に気が付かれずに、注射器を指して血を流し込んだんだそうです。
そして、やられた本人は慌てず騒がずゾンビになったそうです。

……誰かツッコんでやれよ。

まあ、真相は外で噛まれて、それを黙っていた。ってことでしょうね。
外に出た後は、全裸にして噛まれてないか確認してたようですが、
確認した人がおとなしい顔して強い女の子で
この子が黙っていたんでしょうね。
何しろ扉絵で、全裸にジャンパー、横には寝起きのメガネなんていうリア充振りを見せつけてますし。
言ったら殺されるのが分かっていたんで黙っていたんでしょうね。発症しないことを祈ってか、何かの間違いか、見間違いかと思いたかった、ってところでしょうか。
どうもこの子、やたらおなかを触っている描写が多いことから妊娠しているっぽいし。


武闘派牙をむく、
いやー、抵抗する間もなく皆、つかまっちゃいます。
ぴーんち!!

そんな中、別行動で、どう考えてもやられ役の男の人も
予想通り退場しました。



ちょっと待て
顔から見て、すぐに退場するのは分かっていたが、
あんな退場はないだろう

胡桃ちゃん巻き込んでんじゃねーよ!!
一人で勝手に転んで、噛まれちゃった、程度の死にざまで十分だろうが!!
あんな退場の仕方したら、
胡桃ちゃん戻れねーじゃねーか!!
どーすんだよ!!
唯一の救いは目撃者がいないことだが、
胡桃ちゃんの性格から、
自分を責めて、戻ってこないよ……。
うがーーーー!!
どうすんだ海法さん!!!
ちゃんとハッピーエンドになるようにしろーーー!!(わがまま)

と、いう展開になってしまったので、胡桃ちゃんは退場ですね。
一時的なものでしょうが。

で、武闘派の残ったのは
イケメン男と強気女、おとなしい顔してるけど強い女の子、

でも、イケメン男と強気女。
イケメンは、選ばれたとか、言い出してるし、
強気女は自由でなんでも(殺人も)出来る楽しい世界だとか、言っちゃってますよ。殺人を実行しているみたいだし。
えーっと、
こういう漫画の読み方をしちゃいけないんでしょうが、
笑えるぐらいにフラグを立てまくりですね。

別に特別強いわけでもなく
たまたま運良く生き残っただけで、
勘違いしちゃってますね。

イケメンが死ぬときの最後のセリフは
「ああ、俺は選ばれていなかったんだ・・・・・・」
で決まりですね。

どう考えても生き残るのは
おとなしい顔してるけど強い女の子だけですね。
改心して、強気女も生き残る展開もありかな?
ツンデレみたいな感じで。

あと、るーちゃんも退場でいいのかな?
まあ、正体は予想通りだったけど、
うーん、りーさん分かっててやってた、思い込もうとしてた感がするな~。

ほかの自堕落同好会のメンバーが死なないといいけど。
普通に誰か死んだら普通の展開すぎて面白くないですよ。(わがまま)

まあ、今後、どう収束するか続きが気になります。

で、巻末には、
謎解き資料が
今回は、
過去の事件の新聞の切り抜き。
誰がまとめたかは不明ですが、
過去に路上で死体が発見された、という事件が2件あったことがある。
一件は、普通に路上で死体が発見されたもの
一件は、死体が路上で発見されたが、近くの葬儀場から盗まれたもの
2件とも喉に大きな傷がある。
切り抜きをまとめた人の『自律死体?』のメモ書き。
自律死体ってすごい表現だけど、ゾンビって表現がなければそうなるな。

朽那川の源流の那酒(なざけ)沼の話。
沼が感染源?というメモ書き。

そして過去にこの市での爆発事故の切り抜き。
『空爆処理?』やら『大規模発症からの焼却処理…政府筋にマニュアルがあったと想定される』のメモ。

おお、
ここへ来てなんか国家レベルの話になってきましたよ。
前回の日記で書いた国家規模でヤバイんじゃない?とか言ってたのがあながち間違いじゃなくなってきたし、
前々回の日記の過去の民謡とか、朽那川の話とかも
的外れじゃなくなってきたのかも、

で、この資料や話の流れから、
今後の展開を予想

ほかのメンバー
何やかんやで武闘派をやっつける。
……う~ん、普通に考えると
おとなしい子の妊娠がほかの武闘派に発覚。→ちっこいメガネの感染原因が報告隠ぺいというのも発覚。→なんで黙ってた!!→やられ役の男の死亡も発覚→隠ぺいがなければこんなことには!とイケメン&こんな世界で子供を産んでどうすんだ!殺しちまえと強気女→おとなしい子反撃→イケメン&強気女死亡か逃走(逃走だった場合逃走先でゾンビにやられて死亡)→学園生活部&自堕落部でおとなしい子を保護。
こんな感じの展開。

で、胡桃ちゃん。
胡桃ちゃん一人で放浪。→あの防護服を着た、たぶんランダル・コーポレーションの連中に保護される。
保護と書いたのは、

巻末資料から
・過去の事件、それこそ神話になるくらいの過去からの資料で今回の事件は予想されていた可能性が高い。
・それも政府レベルの可能性もある。
・ランダル・コーポレーションは生物兵器を作るぐらいの製薬会社。
・那酒沼のゾンビウィルスに気が付いていた可能性は不明。
・で、緊急避難マニュアル生物兵器が漏れた可能性は?
・生物兵器が漏れるって、そんなわけないでしょ。
・普通に考えれば、生物兵器なんてすごく厳しい管理されてるに決まってんだろ。
・そもそも死者が蘇って襲ってくるって兵器になってないじゃん。占領できないじゃん。ゾンビ邪魔じゃん。占領した土地にゾンビしかいないって、占領の意味ないじゃん。
・全人類があふれかえりそうだからいい?占領下に自国の住人を引っ越しさせる?
・だったら普通に殺す生物兵器を作るに決まってんだろ。なんでわざわざ殺しなおさなくちゃいけない兵器を作るんだよ。
てな感じで、
あの高校にあった緊急避難マニュアルや、某ゾンビゲームのせいで製薬会社の生物兵器=悪の組織的なイメージがありましたが、普通に考えれば生物兵器なわけがないな。
という考えに落ち着きました。
このミスリードの流れは、いかにも芝村ゲームに鍛えられた人の発想のような気もします。
となると、
確かに生物兵器を作っているけど今回の事件とは無関係で、むしろ解決しようとしてる組織になるんじゃないかと。
で、胡桃ちゃんはそこで、前に言ってた免疫をもった被検体として保護されるんじゃないかと。
で、武闘派とのイザコザが解決して、ランダル・コーポレーションへ向かった学園生活部の面々と再会するんじゃないかと。

そうなってほしいな~
それとも普通に拉致られて薄い本が厚くなるような展開になっちゃうのかな~
予想が外れるのは構わないけど
最後にみんな幸せになってほしいな~

ということで、適当な考察&今後の予想でした。

あ~久々のブログ疲れた。