So-net無料ブログ作成

がっこうぐらし! の謎を適当に考察 [がっこうぐらし!]

そうえいばこっちのブログ
何も書いてないなーと思いmixiから転載
がっこうぐらし!の他の考察はこちら

榊ガンパレ終わっちゃったよ。
見事なまでの打ち切りエンド。
うう、もったいないな~。

榊さんが一番悔しい思いをしてるんだろうけど。

その上
芝村さんがツイッターで
「某出版社で無名世界観の最新状況の説明会中。第6世界群は既にないという情報にどよめきがはしる。」
なんてつぶやいているし、

世界の謎をまた考えたいよーー

という、気分がMAXなんで

がっこうぐらし!

を考えてみることにした。

無名世界観関係ねぇ!(ガビーンΣ(゚△゚))

原作、海法さんだし、謎っぽいのも多いし、原作が進めば謎の回答も得られるだろうし、

どうせこんな日記、誰も見ないだろうしね!
好き勝手書いちゃる。


以下、ネタバレありの内容になります。
原作、アニメ共に同じものとして考察してます。











さて、
まずは一番の謎
ある日を境にゾンビが巡ヶ丘市(漫画の舞台)にあふれ、ゆきちゃん以外がほとんどゾンビ化してしまいました。

何が原因なんでしょう?
ここで出てくるのが
3巻に登場した職員用緊急避難マニュアル
簡単に言うと、
生物兵器作っているだけど、それが外に漏れたら、このマニュアルに従ってね。
とかいてある。
生物兵器ってなんやねん。どこのゲームやねん。
それはおいといて、
そこに
その生物兵器が漏れたらこうなるよ、ってのも書いてあり
それは3種類

α系列、広範囲感染、致死率低い
潜伏期間:3~6日
症状:発熱、発汗、吐き気
感染経路:接触、飛沫、血液感染
気密服着てαマークの救急ボックス使用すべし。

β系列、致死率ほぼ100%
潜伏期間:2時間
症状:おう吐、下痢、吐血、出血
感染経路:血液感染
近づいちゃダメ。死んだら7時間ぐらいでウィルスは消滅するよ。

Ω系列
黒塗り多くてわからん。

例外:
研究途中だと、違うかも、あと広域に広がった場合変異するかもしれないよ。

こんな感じですかね。

こうしてみると
α系はインフルエンザの強力版
β系はエボラですね。
Ωは何がなんだか。

で、噛みつきで感染、つまり唾液からの感染と、発症までの短さを考えるとβ系が変異したものと考えられます。
発症までの短さは、
アニメの2話でくるみちゃんの先輩が屋上で発症したのや、漫画でみーくんがいたモールの避難場所のリーダーが噛まれて、その夜のうちにゾンビ化したことからわかります。

となるのが普通なんですが、
普通すぎる。
あの芝村さんの世界の謎ゲームに関わっている海法さんがこんな普通なものにするはずがない。
じゃあ、ひねて考えてみよう。
普通じゃない部分
その1
α、βの次ってΩだっけ?
Ωは最後だよね。いきなり最終兵器だよ。

その2
1巻末に乗っている巡ヶ丘高校学園案内
本校の沿革に巡ヶ丘市の歴史がのっていて
1968年に市の人口が半減する事件が起き、男土(巡ヶ丘市の前の名前)の夜とよばれる。
また、校歌の歌詞が古民謡からとられ

七つの丘に冠たるは
天に煌めく剣の聖
朽那の川に渦巻くは
九頭の大蛇の毒の息

七日七夜の争いに
天より降るは血の涙
大地に深く刻まれし
炎の跡こそ物恐ろし

七つの丘に日は巡り
今や聖はおらねども
我ら希なる聖の子
心に剣を捧げ持ち

勇気を胸にいざゆかん
巡ヶ丘の民いざゆかん


とか意味深なものが。

大蛇の毒の息とかなんていかにもなんですけど。
その前の
朽那の川に渦巻くは
の川ってのは
朽那川って川があって学校の浄水施設も発電施設もこの川を利用している。
名前もクチナガワ。
クチナワって蛇じゃなかったっけ?
龍とか大蛇って水害の象徴だった気が。
龍征祭という文化祭もあって、悪龍を倒した聖の言い伝えをもとに……とかなんとか。
そう考えると、水害かとも思ったんですけど

歌詞の
「炎の跡こそ物恐ろし」
ってあるんだよね。

炎っていうと
5巻第29話でくるみちゃんが
「あいつら結構よく燃えるみたいでさ、だいたい燃え尽きたんでこっちに来れた」
ってあるんですよ。
また、ここの土地に書かれた伝承で
「穢土蛇神伝」てのがある。って書かれているんですよね
穢土って仏教用語で
穢れた国土。煩悩から抜けられない衆生、凡夫の住むこの世。現世。
ことみたいですね。
そうやって考えると、現世に現れた蛇神の話でしょうか、

それよりも私は
NARUTOの死者を現世に呼ぶ忍術、穢土転生を思い浮かべましたよ。
死者を穢土(現世)に呼ぶ。
仏教的には
あの世から見た現世=穢土
って感じでしょうか。
蛇神伝
という表記ではなく
穢土蛇神伝
と、穢土を付け加えているあたりが、気になるんですよね。

よみがえる死者。

そうやって考えると、
昔、ゾンビ発生→対策がなく、人口半分すべて燃やした。
なんて解釈も。
考えすぎかな?
古民謡っていうぐらいだからもっと古いかな?
大昔にも同じようなことが起き、燃やすしかなった?

で、
今の段階だと、ゾンビ化は
生物兵器が漏れたバイオハザードパターンと、
いや実は蛇の毒の息っていうこの土地ならではの風物詩?だったんだよパターンと
その毒の息をもとにした生物兵器を作ってたんだけど、なんか漏れちゃったぜ。パターンが考えられるかな、と。

で、
あと考察は
くるみちゃん救世主伝説。
何かというと、くるみちゃんはゾンビウィルスに対する抗体を持っているんじゃないか?
というもの。

根拠は噛まれた後の反応。

描写があるのは
アニメのくるみちゃんの先輩
漫画のみーくんのモールでの避難先のリーダー
くるみちゃんの先輩にしろ、リーダーにしろ、もがき苦しむ描写がありません。
くるみちゃんは噛まれた後、苦しそうに暴れます。
もしリーダーがゾンビ化するとき暴れていたら、すぐにわかったと思います。
描写を見る限り、寝ている間におう吐はしてますが、かけられた毛布もそのままでゾンビ化してます。つまり、もがき苦しんで無い。

くるみちゃんは発汗していることから発熱していたと思われます。
そもそも発熱は
体温を上げて病原体を殺し、免疫の働きにより体を守ろうとする働きの結果です。

ようするに先輩や、リーダーは抵抗する間もなくやられたが
くるみちゃんの場合は抵抗し、そして助かり?ます。
故にくるみちゃんに抗体ができているんじゃないかと。

?なのは、5巻や6巻でくるみちゃんの体温が異常に低くなっている、という描写があり、
またゾンビに襲われなくなっている。というのがあります。

じつはこれも、伏線かな、と。
くるみちゃんの体温が低いことが、なんか必要以上に描かれているんですよ。
で、この手のゾンビものである疑問。
ゾンビはなんでゾンビを襲わないか?
という設定の説明になっているのかと。

一つは音。
音楽や音声に反応する。
一つは明かり
ペンライトを投げるとそれに反応する。(実は、投げて落ちた時の音かも)
で、もう一つが
温度じゃないかと。

当然ゾンビは死体が動いているようなものなんで、体温は低いと思います。
だから、くるみちゃんの体温が低いので襲われない。
のではないかと。
どうして体温が低いかというと、ゾンビウィルスの影響でしょうね……くるみちゃん死んじゃやだー。ちなみに私はリーさんのファンだ。

で、どうやって温度に反応しているかというと
どうやってでしょう、視覚がサーモグラフィ化しているんでしょうか?
おや、そういえば生き物で、天然のサーモグラフィを持っている生き物が…
蛇です。
蛇はピット器官と呼ばれる温度を可視化するサーモグラフィを持っています。
目のよく見えない蛇は温度で獲物を見ています。

はい、また蛇ですね。

ここまでくると
ゾンビウィルスは蛇の毒ではないか?
とも思えてきますね。

実際はどうなんでしょう?
今後に展開に注目です。(長くなったのでいい加減疲れてきた)


あとは
るーちゃんですかね。
りーさんの妹のるーちゃんから名前をとって仮に呼ぶことにした、りーさんが保護した女の子。
よく見ればわかりますし。
次巻で退場しそうですけど。


りーさん、るーさん

つまり
らーさんという姉がいて、三姉妹にはれーかんがあって、ろーりんぐそばっとが得意なプロレスラーという秘密が……


ということで好き勝手に描いた、ろくに清書してない考察でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ