So-net無料ブログ作成

がっこうぐらし!9巻の考察(妄想) [がっこうぐらし!]

このブログ、がっこうぐらし!の考察しかしてないですね。

ということで出ましたがっこうぐらし!9巻
さっそく今回のコミックから新しい考察(妄想)をしてみよう!
以下ネタバレありなので注意!!







大学編クライマックスといったところでしょうか。
まあ予定通り武闘派勢全滅でした。
というか自滅というか。
あのおとなしいけど強い女の子は予想通り味方になりました。
王道な展開でしたね。
予想外だったのは、胡桃ちゃんが戻ってきたこと。
結構アッサリ戻ってきました。
コミックだと数話分ですけど、雑誌掲載だと数か月ぶりなんで、雑誌派の人は結構やきもきしたのかも。
コミック派のことも考えて次巻に登場するように調整すればよかったのに。
と訳の分からない考察はおいといて
武闘派がやられていく様が中心だったので
正直、あまり新しい情報はありませんでした。

武闘派のメガネに続いてイケメンリーダーも発症し、その原因が空気感染ではないかと、いうことでした。

全世界にこの現象が広がっているのは前の巻で語られていたので、それだけの規模に広がるとすると空気感染しかない気もするが、一気に広がりすぎているんだよね。
で、この大学で理学部に引きこもって研究している女の人が前巻から出てたけど、その人も
『同時多発テロのようなものを想定したところで世界全部が一度に沈黙するのは難しいの。ならば少なくとも初期において空気感染、もしくはそれい準ずる広範囲の感染ルートがあったと考えるべきね』
といってます。
ちなみに、その人曰く、学園生活部の面々は、たまたま免疫があっただけ、と

で、そう考えると大学の面々も免疫があったということでしょう。
にもかかわらず、武闘派のメガネとリーダーが発症。

何ででしょう。

結果には原因があります。
と、そう考えると、

Q.いままでは問題なかったのに、急に武闘派のメガネやリーダーが発症したのは?
A.いままでと違うことがあったから。

Q.それは何?
A.外から学園生活部が来た。

これしかないですね。

武闘派のメガネやリーダーが発症の原因は学園生活部。

Q.そこから導き出されるものは?

A.学園生活部が感染の発生源になっている。


まず最初に武闘派のメガネが発症しました。
学園生活部に最初に接触したのは?→武闘派のメガネです。
リーダーが接触したのは、武闘派が学園生活部と自堕落同好会を捕獲?しようとした時が初めて。
その後、リーダーが発症。

まてまて、
トーコ先輩やら自堕落同好会のメンバーはどないなっとんねん?

当然ですね。

でも、これ結構簡単にわかります。

がっこうぐらし!を最初から読んでいる人、あるいはアニメを見ていた人みんな一度は思ったんじゃないでしょうか?

なんで女の子しかいないんだろう?

さて、武闘派で発症したのは誰ですか?
メガネの男。
イケメンリーダーの男。

男です。

女の子は発症していません。

つまりこのウィルスは
男は発症しやすい。
噛みつきの場合は性別関係なし。といったところでしょうか?

といっても
この世界規模の現象の原因が学園生活部というわけではありません。

あくまでも武闘派のリーダーとメガネの原因が学園生活部ということです。

理学部の引きこもりも『ウィルスは変異する。免疫があるからと言ってそれがずっと続くとは限らない』
つまり、学園生活部が持ってきたウィルスは変異したウィルスで
最初のウィルスでは問題なかったメガネとリーダーも
その変異ウィルスにやられてしまったのではないか、と。

その理学部の引きこもりもインターホン越しに話をするだけでみーくんを入れてませんしね。

今思えば、5巻のヘリが墜落したのも、学園周辺に変異ウィルスが蔓延してたのが原因でやられたのかもしれないな~。急に発症しすぎだけど。

胡桃ちゃんがめぐねぇに噛まれたのにも関わらず、すぐにゾンビ化しなったのも、免疫があったからじゃなくて
空気感染型ウィルスと接触感染(血液感染)型ウィルスがせめぎあったせいかも。
それどころか、そのせめぎあいでウィルスが変異したのかもしれない……。

そもそも学園にあった浄水施設の水は
地下水と朽那川からとっていて
で、
その朽那川の源流は那酒沼と8巻の巻末資料に載っている。
で、
その8巻に那酒沼が感染源か?とのメモがある。

そのことから、学園生活部は、感染源の水を生活用水として利用していた。

そのおかげで免疫が強化されたその反面、発生源にもなってしまったのでは?

え~っと。

なんですかこの展開
「みんな死ぬしかないじゃない!!」
とか言いながら
りーさんが
マミさんばりにマスケット銃で、皆を撃ち殺す未来しか見えないんですが。

いや、そんな悲惨なオチはないだろう。
原作の海法さんだって、
いままでのゾンビものとは違うものにする
っていってたし

原作:海法紀光(ニトロプラス)

(ニトロプラス)


絶望しかねぇ!!


ということで今日はここまで。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 1

お名前(必須)

朽那川の考察とても面白いですね。確かに抗体が出来たというのは本当にありそうです。ワンワンワン放送局の人は出歩いた形跡もなく感染しているので検証が必要です。
by お名前(必須) (2017-03-13 02:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0